慎重派の人はどんな転職活動をしているの?

【保育士へ転職すると重労働に耐えなければならない】いつも子どもと接触できる保育士の仕事は、他の仕事に比べて楽しい仕事であると思う人は多いのではないでしょうか。
確かに無邪気な子どもと接する仕事は楽しい面もあります。
でも所詮は仕事です。
楽しいことばかりで給料がもらえるわけがありません。
保育士へ転職を考えている人は、保育士の仕事は楽しいと考えるより重労働である、と考えていたほう良いのではないでしょうか。
職務内容が多岐に及んでいることは別項で書きましたが、重労働である理由は子供と接する時間が長い上に、毎日の親との接触にも神経をすり減らすからです。
それに雑務の多さが拍車をかけます。
保育士への転職をお考えの方は、まずこの重労働に耐える覚悟が必要です。