洗顔石鹸目の下のくま対策なら?

目の下のくまは、大きく分けて「青いくま」「茶色いくま」「黒いくま」の3種類があります。
くまの種類によって、対処法はずいぶん違いますので、自分のくまの種類を把握し、効果的なお手入れを行いましょう。
「青いくま」は、睡眠不足や疲労などが原因の血行不良が原因ですから、充分睡眠を取り休養することで解消してきます。
お肌に対して、特別なお手入れをする必要はありません。
いつもよりやさしくケアしてあげましょう。
「茶色いくま」は、主に紫外線などによる色素沈着が原因です。
しみなどと同じように、お肌の新陳代謝を活発にし、新しい皮膚細胞をつくり出すことが大切です。
ビタミンCも積極的に取り入れ、からだの内側からもケアしていきましょう。
この「茶色いくま」は、目の周りの過剰なメイクや、力を入れすぎたお手入れなども原因のひとつだとされています。
決して力を入れずに、やさしくていねいにお手入れしてあげましょう。
しみ対策に有効とされる成分には、メラニン色素を抑える働きをするものや、ビタミンCを多く含むものなどがあります。
最近注目の成分ウドエキスは、植物のウドから抽出されたエキスで、メラニン色素を抑制する働きがあるといわれています。
ウドエキス配合の「四万十育ちのウド石鹸/ウドエッセンス洗顔ソープ」が人気です。
日本酒や酒粕に含まれるコウジ酸にも、メラニン色素を抑える働きがあるとされています。
日本酒を配合した石鹸には、「土田酒造/吟醸石鹸」などがあります。
酒粕を配合した石鹸には、「白鶴酒造/鶴の玉手箱酒粕石鹸」などがあります。
アロエにも、メラニン色素を抑える働きがあるとされています。
アロエを配合した石鹸「あろえの森/泡粘石鹸」は、自社農園で栽培した国産有機アロエを原料にしています。
ビタミンCを豊富に含むローズヒップオイルも「茶色いくま」に効果的です。
ローズヒップオイル配合の石鹸には「生活の木/ローズヒップフェイスソープ」があります。
ローズヒップオイルを30%も配合した贅沢な石鹸です。
「黒いくま」は、加齢などによるたるみが原因です。
肌代謝を活発にして血行を促進するなど、肌の老化防止を心がけましょう。
また、乾燥はお肌の大敵。
充分な保湿も必要です。
ビタミンEを豊富に含むアボカドオイルは、老化防止効果が高く、保湿効果も高いとされています。
アボカドオイルを含む石鹸には「野乃屋/無垢シリーズアボカド」があります。
アボカドオイル100%でつくられた石鹸です。