NISAでFXは当然できません(投資ではないですからね)

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAにはロールオーバー制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限が切れる前に通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年にスタートして、毎年120万円の非課税枠があります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、1人1口座だけ持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?

取引先にすすめられて…などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回だけ変更可能になりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、ネット証券がおすすめです。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

翌年のNISAの新しい枠で運用を続けることができます。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。