ジュニアNISAでコツコツ積立てするのも人気があるようです

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが

通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株式取引を例に考えてみますと、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAの口座開設を検討しているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAのリスクを紹介します。まず一つ目は、NISAの仕組みです

NISAは利益に対して非課税というのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAには5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

よく勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株だと、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、投資できる数は限られてきます。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、あまり関係がないことなのかもしれません。